2019年11月15日金曜日






この度スーパーオザム様の御厚意によりまして❣


チラシとリーフレットをおかさせて頂きました!

まずは!ほぼ毎日お世話になっている!弊社の近くの新町店からです!
様子見ながら各地域の店舗に置いて頂く予定です。
弊社は、看板・チラシ広告・ネットなど大題的にしていませんので地道な営業・口コミで成り立っています。
その為経費が大幅に掛からないので価格を抑える事ができています。

是非皆様の目に止めて頂き弊社を知って頂きたいと思います。

※弊社ひまわりセレモニーでは生活保護の福祉葬・単身者・方のお葬儀・お墓埋葬もご安心してご相談下さい。

ひまわりセレモニーのお取り扱い


葬儀事前相談・葬儀施工・寺院紹介・生前整理・遺品整理(特殊清掃)
仏壇・墓所・墓石・相続関係相続対応・行政書士・司法書士・税理士・弁護士等紹介
各種散骨作業お手配





2019年11月14日木曜日



やはり独立して良かった❕


一番初めに葬儀業界に入ったのは某農協の葬祭!
依託でしたが一社独占で葬儀社立ち上げからなのでとても勉強になりました。
この頃はまだ自宅葬・寺院葬が保々8割位でしたので今の若い葬儀社の人達では経験出来ない事を経験出来ました。そして葬儀関わる事殆ど経験しました。
葬儀の他に葬儀の装飾・外装・ギフト・花まで!そして一番大事な人との付き合い!あたたかい心学びました。後は料理だけですね、それはやる気はありませんが!
沢山の事を学びましたが、大手と言うことでお客様の要望細かい見積もりの変更一つの葬儀への関わりの時間この辺が自分にとって不満でした!
なので自分の想い信念・お客様の要望・関わる時間が制限されない為に独立しました。
営業でも価格や物の良さをあまり言わず!自分の想いを伝えて来ました!もちろん弊社は価格も安く物も良い物を使用しています。
想いに共感してくれる人もどんどん増え仕事も順調に増えています。
弊社は他社の様に看板・チラシ・広告などは殆どしてなく口コミでなりたってます。
これも皆様のおかげです。
以前の会社でもお客様からお礼の手紙など頂いたり担当指名され嬉しかったですが、独立してからはそういった事もどんどん増えお客様との距離も凄く近くなりやりがいも増しもっとお客様により添いたいと思います。
周りからはもっと抜くとこは抜いて利益もちゃんと出さなきゃ駄目と言われます。直ぐサービスしてしまうから・・・
でも自分の信念通して自分らしく生きていこうと思います。
でも間違っている事やアドバイスは素直に受け自分の力にしていこうと思います。

株式会社 輝 代表取締役 岩城輝雄
ひまわりセレモニー
の想いの様な事をちょっとぼやいてみました。



2019年11月7日木曜日


葬儀で自分が嫌いな内の一つの言葉!直葬(ちょくそう・じきそう)一般的には直葬
(ちょくそう)が多いですね!

誰が付けたんだか?多分マスコミではないかと思いますが?

以前自分の周りでは荼毘葬・火葬のみ・の様な言葉だけでした!
当時は火葬だけで終わりと言ううのはごく一部でした。
それも身寄りがないとか本当に生活さえ危ぶまれる方だけでした。
いまでは、何かというと直葬!一日葬!生活が裕福な人でさえ口にします。
いったい人の尊厳ってどこに行ってしまったのか?嫌な世の中ですね。

マスコミで煽るので一般の人達も直葬が良いと勘違いしてしまってます。
お金使わないので経済もダメにしてしまってます。
葬儀社自体も悪いんですが、競争でお客様確保する為にうちわ直葬・一日葬・家族葬・
低価格で!葬儀の質もかなり低下していると思います。素人みたいのが担当している所も
要はお客様に質の悪い物使って低レベルなサービスしか提供できないところが増えましたね、特にネット葬儀!
ちょっと話それてしまいました。

よく有るのが生前私の葬儀はお金掛からない様に火葬だけで皆が大変にならない様に
火葬だけと言っていたので!
本心は違うと思います!家族・親戚・お世話になった人達・友人に囲まれ皆に生前の話をされ賑やかに送って貰いたいと思っている方が大半だと思います。
実際に沢山のお年寄りや色んな方とお話してわかったことです。

ちゃんと式が出来るのは今のうちだけですよ!どんどん高齢化が進み家族親戚が減り式をしたくとも出来なくなって行く傾向ですので!

直葬・家族葬決して価格が安いとは限りませんよ!お金が出ていくだけでお香典の実入りが無いのですから!まして葬儀社だって経営して行かなければならないので良い物を進めたり色々オプションを提案してきますので!

手間だって掛かります葬儀終わった後に何で教えてくれなかったのとか!一週間も二週間もの間人が来て身動き出来ないし来たらその都度接待しなければいけない!気が付いたら四十九日になってしまった!こんな大変な事ないですよ!
普通に式すれば何も言われないし後からぞろぞろ自宅に来られる事もないですしお香典入るので葬儀のお金にも負担できますし良い事の方が多いですよ!人が来て大変だと言っても二日間で二時間位座って頭下げていれば済んでしまうのですから。(ちょっと言い方悪いですが)

良い葬儀社に当たればなるべく低価格で楽な方向を見つけてくれると思いますよ!

皆さん色々諸事情はあると思いますが、火葬だけでもせめてちゃんとお別れの出来る場所を見つけあたたかく見送って頂きたいですね。
自分たちに合った良い葬儀社を見つけて下さいね!
その為には事前相談がほんとにお勧めです。
たいした説明しないでもしもの時で大丈夫ですからその時は連絡下さいで名刺だけ渡すところは絶対やめた方がよいです。


2019年11月1日金曜日


今日から11月ですね!早いもので、あと二か月で今年も終わりですね!
もう少ししたら年賀状の準備また年内に不幸があった方は喪中はがきのご準備を!

これから一気に寒くなり空気も乾燥してきますので体調崩さない様にお気を付けください。特に台風で災害にあわれた皆様は精神的・身体もお疲れだと思います。
どうぞご自愛くださいませ。

2019年10月31日木曜日

青梅市へのお願い。

青梅市民斎場では、斎場でお式をする場合はご遺体安置所を使用する事が出来ます。
しかし火葬(荼毘)のみの方はご遺体安置所を使用する事が出来ません。
昨今、お亡くなりになられて住宅事情・また、単身者などの事情で自宅に戻る事が
出来ない方が非常に増えています。
葬儀社自社安置所ある所や民間のご安置所もありますが、空きがなかったり高額になる
事もあります。
また、青梅市で単身者や身内が地方遠方の人たちの為に昨年の10月から葬儀生前契約サポート事業というのが始まっています。
協力業者達もやはり青梅市民斎場にご安置所を増設し火葬のみの方もご安置出来る事を望んでいると思います。また、それを一番に望んでいるのは青梅市民だと思います。

※隣のひので斎場・瑞穂斎場は火葬のみでもご安置出来ます

※弊社は青梅市生前契約サポート事業が始まる時に市議会・市役所で斎場管轄の市民課に要望は伝えてありますが、他、葬儀社・市民の皆様から沢山の要望が出ないと動く事は無いと思いますので是非お声をあげて頂きたいです。



2019年10月28日月曜日

お金が無い時の葬儀

例えばお金が無くても皆にお別れをして欲しかったら3日間なら3日間自宅に連れて帰って
皆さんにこう言う風にお知らせすれば良いと思います。

本人の希望で、お葬式はしませんが3日間は家に居ますのでどうぞお別れなさいます方は
顔を見に来てやって下さい。
その中でもどうしてもお経を読んでもらいたいならお経を読んでもらえばいいです。
その時お布施を払えないのであれば正直にこれからお寺にちゃんと貢献しますので今回は
お願いしますと頭を下げればしてくれると思います。それでも払わないと!お経はあげれません!なんて言われたらそんなのお寺じゃありませんよ!
檀家なんてやめてしまっても良いと思います。

又!お金が無かったら無いなりにやり方を考えてくれるのも葬儀社の仕事なので相談しましょう!
これでお金足りないのでうちは!なんて即答する葬儀社ならお引き取りしてもらった方が良いと思います。

葬儀スタッフ付きっきりでフルサービスなんてのは、人件費かかりますし高くなります
少しだけ家族が大変になりますが、葬儀社が家族とよく話あって良いやり方見つけ提案するのも葬儀社の仕事です。

※家族とお寺と葬儀社がうまく連携してこそ良い葬儀が出来ると思います。


2019年9月18日水曜日

9月20日からお彼岸入りですね、ご都合により14日・15日・16日・でお墓参りすました方も結構いらした様ですね!

※2019年の秋のお彼岸はいつから?いつまで?

お彼岸の期間は秋の秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間です。
お彼岸はいつから始まり、いつまでお彼岸なのかチェックしましょう。

・彼岸入り・・・・・・・・・9月20日(金)

・中日(秋分の日)・・・・・9月23日(月・祝)

・彼岸明け・・・・・・・・・9月26日(木)

※お彼岸入りは何をすればいいのでしょうか?

お彼岸入りには仏壇・仏具・お墓や納骨堂を清めます。
普段より時間をかけて、丁寧にお掃除しましょう。

※お彼岸にお供えするお菓子は?

おはぎ・ぼたもちです! 秋は、おはぎです。
春は、ぼたもちです。
呼び名の由来は?
秋の七草と呼ばれる「萩」の花が小豆の粒と似ていることから「萩餅」丁寧な呼び方「お萩餅」そして「おはぎ」になったようです。

そしてぼたもちは、春になると、桜やチューリップなど沢山の花が咲きます。
また、春に咲く花と言えば牡丹があります。
この牡丹の花をみて、あずきの粒を見立てて「ぼたん餅」から「ぼたもち」になったと言われています。

おはぎと、ぼたもち、大きな違いはないと思いますが地域やお店によっては、こし餡がぼたもち、粒餡のあんこやきな粉をまぶした物をおはぎと呼ぶところもあるようです。

※お彼岸入りましたらお墓参りしてそれと同時に先祖に感謝し手を合わせたり家族を思う時間にしましょう。
これを機会に家族皆でご先祖の話してみるのもいいと思います。